logo

TEL

管工事施工管理技士

HOME > 管工事施工管理技士

banner1107

管工事施工管理技士

 

管工事施工管理技士とは、冷暖房設備工事、下水道配管工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事など、建設工事のなかでも大きな比重を占める配管設備工事全般を取り扱う専門家です。そうした工事において施工計画を作成したり、自ら現場で作業したり、安全管理をするのが仕事です。
1級管工事施工管理技士は、建設業法に定められた管工事業の許可に際して営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置かなければならない主任技術者及び監理技術者となることが認められています。

2級管工事施工管理技士は、建設業法に定められた一般建設業の許可を受けている建設業者の営業所における「専任技術者」及び工事現場における「主任技術者」となることが認められています。

将来性・メリット

 

一般住宅やビルの管工事では、給排水管や各種ダクトなど、その内部を通る物質の性質を把握したうえで適切な施工計画や監督を行える有資格者は欠かせません。また、一定予算額以上の工事を請け負う場合は1級の有資格者を配置する必要があり、入札に際しても、会社に所属する有資格者の人数が大きく影響します。こうした理由などから、管工事会社をはじめとする建設業での評価は高くなっています。

banner_03

基礎から学ぶ総合講座

 

基本自宅学習、合格講座、直前講座の3ヵ月間の短期集中学習コースです。

「基本自宅学習」では、自宅学習用教材セットにより基礎力を身に付けます。「合格講座」では、主題頻度の高い項目に的を絞った内容の宿題・講義・テスト・テスト解説により標準的な問題が解凍できる力を身につけます。「直前講座」では、多くの問題を解くことにより、合格レベルまで実力を高めます。

対象者 初学者・受験経験者
標準(推奨)スケジュール 標準開講日:本講義5月下旬
推奨学習期間:約3ヶ月間
受講形態 通信+通学(教室・個別)
≫受講形態についてはコチラより
受講料 250,000円 +消費税(教材費を含む)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。
お申込み方法 日建学院各校受付またはインターネットよりお申し込みください。
≫お申し込み方法
各校受付≫全国学校案内はコチラ電子パンフレットはこちら
curriculum-and-course-content

基本自宅学習[全5回](通信添削講座)

自宅学習&通信添削で基本知識を身につける

全5回で構成されている自宅学習は、各回につき、下記のように学習を進めます。通学に向けての基礎力養成を目的としています。
■講義回数
第1回:一般基礎 第2回:空気調和設備 第3回:給排水・衛生設備 第4回:電気・建築・建築設備 第5回:施工管理・関連法規

●自宅学習の進め方

STEP.1
自宅学習用テキスト
テキストを読んだ後に、チャレンジ問題を解きます。CDでチャレンジ問題の解答・解説を聞き、正しい内容を理解します。
STEP.2
基本問題集
繰り返し問題集を解くことにより、テキスト学習で理解した内容を覚えます。
STEP.3
添削問題
テキストと問題集で養った知識で添削問題を解き、日建学院本部に送付します。
日建学院
添削問題採点
日建学院から採点結果として「添削問題診断表」などを返送します。
STEP.4
学習範囲の復習
採点された添削結果を確認。正解できなかった問題を中心に復習します。
33

合格講座[全16回]

短期集中!映像学習&テストで合格力を養成する

出題傾向から重要ポイントに的をしぼり平易に解説。毎回のテストで、学習理解度を即確認します。
■講義回数
一般基礎:3回 空気調和設備:2回 給排水・衛生設備:3回 電気・建築:1回 建築設備:3回 施工管理:2回 法規:2回

●学習システムの流れ

STEP.1
宿題で予習
配布教材を使って宿題を解き、自宅で予習しておきます。
STEP.2
映像学習
映像学習(60分)で予習範囲の重要ポイントを学びます。
STEP.3
実力養成テスト
テスト(25分)で自分の理解度を確認します。
STEP.4
テスト解説
テスト解説(15分)で弱点を直ちに確認します。
STEP.5
見直し学習
わからなかった問題を中心に見直し、理解度を高めます。
33

直前講座[全7回]

総仕上げ講義+公開模擬試験+直前講義で万全の態勢づくり

合格講座で得た「知識」を、本試験で発揮できる「確実な実力」に高めます。
■講義回数
総仕上げ講義:4回 公開模擬試験:1回 直前講義:2回

●学習システムの流れ

STEP.1
総仕上げ講義
本試験で出題される各分野について、重要ポイントをまとめた講義を行います。
STEP.2
模擬試験
本試験と同じ形式で行いますので、本番さながらの臨場感を体験できます。”あなたの実力がどれぐらいなのか”が解ります。この結果に基づき教材で弱点を補強してください。
STEP.3
直前講義
近年の本試験で出題された、特に重要度の高い問題を厳選した問題解説講義です。

学科本試験

33
curriculum-and-course-content3
出題傾向を徹底分析、わかりやすい 「オリジナルテキスト」日建学院のテキストは、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。
重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。
理解しやすい・丁寧な解説
1各章の始めに学習のポイントを把握
2図や写真が多く理解しやすい
3「解法解説」と「関連アドバイス」が寧で見やすい

用語 重要な用語には、必ず解説と表や図解を掲載
補足 解を深めるために必要な事項を表示
本試 近年本試験で出題された部分を表示

4図解で分かりやすく表現
解答解説では適宜図を入れて説明し、理解度を高める
5インデックスにより講義範囲が一目でわかるので、予習で宿題を行う際や復習でテストの見直しをする時に便利
6単純記憶できるものは、ゴロ合わせで楽に覚える
教材

教材

■ 自宅学習用教材セット
■ 受験対策テキスト(1冊)
■ 受験対策問題集(1冊)
■ 宿題
■ テスト等

 

受験対策テキスト

試験に合格することを第一の目標に過去の試験問題を徹底的に分析し、最も効率よく理解・記憶ができるように編集したテキストです。

 

受験対策問題集

問題集は、問題と解答解説で一頁の構成になっているため、頁をめくることなく解答のチェックができ、各問題がその場で理解できます。また、出題科目ごとにまとめてありますので、弱点部分の補強にも大変便利な構成になっています。

banner_06

短期学習で合格力を身につける講座

 

記述式問題対策を第一に過去問題を徹底分析。重要ポイントを整理し短期間で試験のツボを押さえます。

また、出題頻度の高い項目に的を絞った内容の宿題・講義・テスト・テスト解説により、合格レベルまで実力を高めます。

p1_28
対象者 初学者・受験経験者
標準(推奨)スケジュール 標準開講日:本講義11月上旬
推奨学習期間:約1ヶ月間
受講形態 通学(教室・個別)
≫受講形態についてはコチラより
受講料 60,000円+税(教材費等は全て含まれます)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。
お申込み方法 日建学院各校受付またはインターネットよりお申し込みください。
≫お申し込み方法
各校受付≫全国学校案内はコチラ
インターネット受付下記ボタンよりお申し込みができます。

電子パンフレットはこちら
curriculum-and-course-content

自宅学習

自宅学習でベ-スとなる知識を身につける

通学講座が始まるまでに、自宅学習用教材を使って、実地試験に必要な基礎力を養成します。

33

実地試験対策講座[全6回]

短期学習で重要ポイントを学び、合格力を身に付ける!

施工に関する記述式問題対策を中心としたカリキュラムで試験突破を目指します。

33
回数 科 目
第1回 実地試験ガイダンス
施工要領図対策 空気調和設備
第2回 給排水・衛生設備
第3回 設備・機器等
施工記述対策 空気調和設備
第4回 給排水・衛生設備
設備・機器等①
 第5回 設備・機器等②
工程管理
 第6回 法  規
経験記述
実地試験体験テスト
curriculum-and-course-content3

■ 実地試験対策テキスト(1冊)
■ 記述対策問題集(1冊)
■ 宿題
■ テスト
■ 補足資料他
教材

banner_09

基礎から学ぶ総合講座

合格を勝ち取るために完成された短期集中学習システムと万全のカリキュラム。学科試験対策講座。実施試験対策講座のダブル対策で合格力を築く。

p1_28
対象者 初学者・受験経験者
標準(推奨)スケジュール 標準開講日:本講義9月上旬
推奨学習期間:約3ヶ月間
受講形態 通学(教室・個別)
≫受講形態についてはコチラより
受講料 220,000円 +消費税(教材費を含む)
※消費税について:税率変更の際は、その税率に応じた金額となります。
お申込み方法 日建学院各校受付またはインターネットよりお申し込みください。
≫お申し込み方法
各校受付≫全国学校案内はコチラ
インターネット受付下記ボタンよりお申し込みができます。

電子パンフレットはこちら
curriculum-and-course-content

基本自宅学習[全5回](通信添削講座)

自宅学習&通信添削で基本知識を身につける

全5回で構成されている自宅学習は、各回につき、下記のように学習を進めます。通学に向けての基礎力養成を目的としています。
■講義回数
第1回:一般基礎 第2回:空気調和設備 第3回:給排水・衛生設備 第4回:電気・建築・建築設備 第5回:施工管理・関連法規

●自宅学習の進め方

STEP.1
自宅学習用テキスト
テキストを読んだ後に、チャレンジ問題を解きます。CDでチャレンジ問題の解答・解説を聞き、正しい内容を理解します。
STEP.2
基本問題集
繰り返し問題集を解くことにより、テキスト学習で理解した内容を覚えます。
STEP.3
添削問題
テキストと問題集で養った知識で添削問題を解き、日建学院本部に送付します。
日建学院
添削問題採点
日建学院から採点結果として「添削問題診断表」などを返送します。
STEP.4
学習範囲の復習
採点された添削結果を確認。正解できなかった問題を中心に復習します。

学科試験対策講座[全10回]

短期集中!映像学習&テストで合格力を養成する

学科試験合格に必要な知識を習得するとこを目的としています。
■講義回数
一般基礎:1回 空気調和設備:2回 給排水・衛生設備:2回 電気・建築・建築設備一般:2回 施工管理:1回 関連法規:2回

●学習システムの流れ

STEP.1
宿題で予習
配布教材を使って宿題を解き、自宅で予習しておきます。
STEP.2
映像学習
映像学習(60分)で予習範囲の重要ポイントを学びます。
STEP.3
実力養成テスト
テスト(25分)で自分の理解度を確認します。
STEP.4
テスト解説
テスト解説(15分)で弱点を直ちに確認します。
STEP.5
見直し学習
わからなかった問題を中心に見直し、理解度を高めます。
33

実地試験対策講座[全6回]

実試験対策+模擬試験+実地重要問題解説で万全の態勢づくり

過去問題を徹底分析し解りやすく整理した教材を用い、全6回の講義を(模擬試験を含む)において重要ポイントを学習し、試験のツボを押さえて難関突破を目指します。
■講義回数
実地試験対策:4回 模擬試験:1回 実地重要問題解説:1回

●学習システムの流れ

STEP.1
実地試験対策[全4回]
実地試験は、学科試験の4肢択一とは違いすべて記述で解答する方式です。記述で解答するには、解答に必要な知識とそれを文章にする力の両方が必要になってきます。この知識プラス文章力を習得にするための講義です。
STEP.2
模擬試験[全1回]
模擬試験は、全国一斉に行われる本試験と同じ形式の模擬テストです。”あなたの学科及び実地の実力がどれぐらいなのか”が解ります。この結果に基づき教材で弱点を補強してください。
STEP.3
実地重要問題解説[全1回]
実地の記述式問題において重要度の高い問題を厳選した重要問題要点解説講義です。本試験前の実地試験対策の最終確認として役立ててください。

学科本試験

33
curriculum-and-course-content3

出題傾向を徹底分析、わかりやすい 「オリジナルテキスト」

日建学院のテキストは、試験を熟知した講師陣が試験の出題内容を分析し、見やすさや使いやすさに配慮して編集しています。
重要項目をわかりやすく解説していますので、復習でさらに理解度を高めることができます。
理解しやすい・丁寧な解説
1図や写真が多く理解しやすい
2「知っ得コーナー!」で確実に理解しておきたい内容や記憶しておきたい部分を簡潔に説明
3図解で分かりやすく表現

解答解説では適宜図を入れて解説し、理解度を高める

 

教材

■ 実地試験対策テキスト(1冊)
■ 宿題
■ テスト他

 

受験対策テキスト

試験に合格することを第一の目標に過去の試験問題を徹底的に分析し、最も効率よく理解・記憶ができるように編集したテキストです。

 

受験対策問題集

問題集は、問題と解答解説で一頁の構成になっているため、頁をめくることなく解答のチェックができ、各問題がその場で理解できます。また、出題科目ごとにまとめてありますので、弱点部分の補強にも大変便利な構成になっています。